赤ちゃんや子供はお絵かきが大好き!

てんてん、グルグル、ぐしゃぐしゃなど、なぐり描きともいえる、ダイナミックな絵を描いて、とっても楽しそう。

そこで、使い終わったシャンプーの空きボトルで、とってもかわいいペン入れを作って、よりお絵かきの時間を楽しくしちゃいましょう♪

ボトルの色や形、アイデア次第で、かわいいものや、クールなものなど、お子さんのお好みのモンスターができますよ。

赤ちゃんの手作りおもちゃ👶シャンプーボトルで『モンスターペン入れ』

ボトルを切るのは、大人の方がしたほうがいいと思いますが、目や口を貼るのは、お子さんがやっても楽しいですね!

赤ちゃんの手作りおもちゃ【材料・使うもの】

  1. シャンプー空きボトル
  2. カラーシール 白と黒 裏面にシールのついた色紙のことです(なければ折り紙などでok!)
  3. 両面テープ(厚めで強力なもの)

使うもの

はさみ、カッター、瞬間接着剤

赤ちゃんの手作りおもちゃ【作り方】

1.  シャンプーボトルの上部分を切り落とします。カッターで切り込みを入れたら、はさみで切ります。

2. ペン入れには使わない、上部分でモンスターの手を2本切り抜きます。

3. ペン入れ本体に、瞬間接着剤で手をつけます。

4. 白と黒のカラーシールを、目と口と歯を切り抜いて、ペン入れ本体に貼っていきます。
(カラーシールがなければ、折り紙を切って、ボンドなどで貼り付けてもいいですね。)

5. ペン入れ本体の後ろの面に、両面テープを貼ったら完成です♪

お子さんの机の前など、お好きな所に貼り付けてくださいね!

赤ちゃんは、ペン入れごと振り回して、辺りが色鉛筆だらけ、なんてことになっちゃったりしますが、これなら固定されているので、その心配はありませんね。

色々なモンスターのペン入れを、作ってもいいですね。

 

入れ物によって、ペン、色鉛筆など、または色などで分ければ、お片付けの練習にもなります。

お絵かきの時間が、より楽しくなりますように♪

👶子育て豆知識👶

赤ちゃんや子供が何気なく楽しんでいるお絵かき。

ぐちゃぐちゃと、ただ描いているようにも見えますが、この落書きにも大切な発達が含まれているのですね。

今回は、成長によってお絵かきがどのように変化していくのか、年齢別で見ていきたいと思います。

1歳児 てんてん、グルグル、ぐしゃぐしゃのなぐり描き

クレヨンなど、少し太めのものが、グー握って持てるようになる1歳頃は、いわゆる「なぐり描き」をする時期になります。

てんてん、グルグル、ぐしゃぐしゃと、絵を描いているというよりは、線が描かれていくことや、クレヨンが紙にすれる感触を楽しんでいます。

興味も長く続かないことが多いので、好きな時に、好きなように描かせてあげるといいですね。

2歳児 ダイナミックななぐり描きの時期

「なぐり描き」はまだ続いていますが、1歳の頃とは違う変化があります。

子供の様子を見てみると、「グシャグシャ」「ギー」「ビューン」など声を出しながら、描いていることがあるのです。

これは、子供の頭の中は、想像力で溢れているということです。

例えば、ぐるぐる描いているのが、本人にとっては、何かのキャラクターであったりします。

まだ色を使い分ける時期ではないので、本人が好きな色で、満足するまで描かせてあげましょう。

3歳児 命名期。これは◯◯!これは××!

3歳頃になると、横や縦の線、丸、早い子は、三角や顔が描ける子が出てきます。

この頃は「命名期」と呼ばれ、描いた線や丸に、子供なりの意味付けが出てきます。

丸を描いて「これはママ!」など、命名して意味を持たせながら、描いているのですね。

ぜひ、お子さんが描いた絵に「これは何?」「この子は何をしているの?」など、興味を示して、沢山質問してみてください。

お子さんは、自身の想像の世界について、喜んで話してくれると思います。

お子さんと一緒に、お絵かきの時間を楽しみましょう!