赤ちゃんの手作りおもちゃ👶牛乳パックで『車が走るよBrrrr♪』🚙

bus-final

簡単でよく走る手作りの車を作ろう♪

黄色の牛乳パックで作れば「スクールカー!」
赤の紙を貼れば「消防車!」
上半分を切ると「トラック!」も作れちゃう♪

乗っている人を描いたり色を変えたりすれば、自分だけのオリジナルカーが簡単に作れます。

作るのも遊ぶのも簡単な、とっても楽しいおもちゃです。

材料・使うもの

6a01156f7b326b970c0115710a114f970c-800wi

1. 牛乳パック
2. ストロー
3. 竹串
4. ペットボトルのふた
5. 折り紙、画用紙

使うもの
はさみ、セロハンテープ、のり、カッター、ペン、ボンド

作り方

1. タイヤになるペットボトルのふたの真ん中に、カッターなどで小さい穴を開けます。

6a01156f7b326b970c011571fecd79970b-800wi

テーブルの上などにキャップを置いて、穴を開けるとやりやすいです。

2. ストローを牛乳パックの幅より少し長く切ります。

6a01156f7b326b970c0115710a1842970c-800wi

3. 竹串をペットボトルのふたに差し込み、ボンドをつけて固定します。

6a01156f7b326b970c011571fed346970b-800wi

または、このようにキャップに貫通させることで、竹串を固定することもできます。
6a01156f7b326b970c011571fed44e970b-800wi

2つ目のやり方の方が簡単で安定します。

お好みで選んでください。

4. 竹串にストローを差し込みます。

6a01156f7b326b970c011571fed58f970b-800wi

5. 竹串をペットボトルのふたにぐっと差し込み、ボンドで固定します。

6a01156f7b326b970c0115710a23bb970c-800wi

竹串がとがっていない方は、ペットボトルのふたの穴を少し大きくしてください。

6. 模様やお客さんを描いたり、折り紙や画用紙を貼ります。

6a01156f7b326b970c011571fedada970b-800wi

トラックを作る場合は、牛乳パックの上3分の2位を切り取って、切り取った部分を逆の向きにして差し込みます。

6a01156f7b326b970c011571fec6ea970b-800wi

7. 牛乳パックにテープでタイヤを付けたら完成です!

6a01156f7b326b970c0115710a264e970c-800wi

色々な車が作れるよ♪

6a01156f7b326b970c011571fec681970b-800wi

切り取り方を変えればダンプカーだってできちゃいます!

ペットボトルと組み合わせると・・・

6a01156f7b326b970c0115710a2a49970c-800wi (2)

消防車!

6a01156f7b326b970c0115710a2a49970c-800wi (3)

タンクローリーも!

簡単なものから、ちょっと凝ったものまで自由自在ですね(^^♪

お子さんの年齢や、作りたいものに合わせて自由に選べますし、一緒に作って一緒に遊べる、子供参加型のおもちゃです♪

管理人ハナの11か月の息子は、車を走らせるのが大好き!

ハイハイしながら、片手で車を走らせて大喜びです(*´ω`)

3歳2か月の息子は、一緒に車の模様を描いたり、折り紙を貼ったりしています。

トラックが大のお気に入りです♥

お子さんからはぜひ目を離さぬよう、気を付けて遊んでくださいね♪

👶子育て豆知識👶


小さい子供がいると特に、車があると移動なども便利ですよね。

でも、車の移動中は、チャイルドシートに乗って、同じ姿勢でいなければならないなど、赤ちゃんには負担が多いものですよね。

ということで今回は、赤ちゃんをいつから車に安心して乗せることができるのか、また気を付けたい点などを紹介していきます!

赤ちゃんはいつから車に乗せていいの?

車移動は、赤ちゃんにとっても負担があるもの。

赤ちゃんを車に乗せるのは、時期なども考慮する必要があります。

赤ちゃんを安心して車に乗せられるのは、生後3~4か月頃、つまり、首がすわる時期といわれています。

首がすわったかどうかは、次の3つを赤ちゃんが満たしているかで見極めます。

・うつぶせになった状態で、自分で頭を持ち上げることができる。

・仰向けになった状態で、赤ちゃんの両手を持って引き起こすことができる。

・縦に抱っこした状態で、重力に逆らい、首を持ち上げまっすぐにすることができる。

でも、首すわりができたといっても、車に長時間乗ることは赤ちゃんの負担になってしまいます。

乗る時間を少しずつ長くしていくき、慣らしていくようにしましょう。