赤ちゃんや子供はシャボン玉が大好き♪

色も七色、形はまんまる、動きはふわふわ。

ふわふわ浮いているシャボン玉を、手でパチンパチンとはじいて、追いかけたりしますよね。

天気のいい日は、家にある材料でシャボン液をちゃちゃっと作って、お外で思いっきりシャボン玉で遊んじゃいましょう!

赤ちゃんの手作りおもちゃ♪洗剤で『手作りシャボン玉』

ストロー、クッキーの型、針金と棒、指で作った丸、色々なものでシャボン玉が作れます♪

赤ちゃんの手作りおもちゃ【材料・使うもの】

  1. あったかいお湯 4カップ
  2. 砂糖 2分の1カップ
  3. 食器用洗剤 2分の1カップ
  4. ストロー、輪ゴム、針金、棒など

使うもの
材料を混ぜるボール、泡だて器

赤ちゃんの手作りおもちゃ【作り方】

1. あたたかいお湯に、砂糖を入れて、溶けるまで混ぜます。

2. 1に食器用洗剤を混ぜたら、シャボン液の完成です♪

ストローを輪ゴムで束ねたものや、棒に針金で形を作った物を付けて、シャボン玉で遊びましょう!

・ハート型

・お花型

・ストローにひもを通したもの

・ハンガーを使って

ハンガーを丸く曲げて、ハンガーの付け根にある隙間を、ペンチで潰してなくします。

シャボン液をつけやすくするために、タコ糸や毛糸をぐるぐる巻き付けたら完成です♪

シャボン液を、お子さんが誤って飲むことがないように、ご注意ください。

ぜひ、手作りシャボン玉で、遊んでみてくださいね!

👶子育て豆知識👶

プーっと吹くと、虹色に光りながら、丸いシャボン玉がふわふわ浮かんでいく。

年齢に関係なく、シャボン玉を見ると、ワクワクした気持ちになりますよね。

シャボン玉を作るのも、見るのも楽しく、赤ちゃんから大人まで夢中になれる、魅力的な遊びです。

また、広い場所で遊ぶことで、追いかけたりして、全身を使って遊ぶこともできます。

今回は、シャボン玉で遊ぶ良さをご紹介したいと思います。

ワクワクと楽しい気持ちになれる

吹くと丸くふくらんで、キラキラと光りながら、風にのって広がるように飛んでいくシャボン玉を見ると、子供から大人まで、楽しい気持ちになりますよね。

体を動かす

広い場所であれば、シャボン玉を追いかけたり、手でパチンと割ったり、しゃがむ、蹴るなど、楽しみながら自然に体を動かせます。

高い所や低い所、遠くに飛んだシャボン玉を追いかけることで、様々な動きが発生します。

工夫する心を養う

どうやったら割れにくいシャボン液が作れるか、ストローなどどんな物でシャボン玉ができるか。

工夫次第で、色々な方法で作れるシャボン玉。

また、シャボン玉をくっつけたり、シャボン玉の中にシャボン玉を作ったり、手でシャボン玉を持ってみたり、自然と工夫しながら遊ぶ心を養えるのですね。

社会性を育てる

お友達と遊ぶときは、シャボン液が他の子にかからないようにしたり、遊びながらぶつからないようにしたり、順番で遊んだりするなど、お友達とより楽しく遊べるように、ルールを考えるようになります。

どちらが大きいシャボン玉を作れるか等、競争する楽しさも味わえますね。

野口雨情作詞・中山晋平作曲の、日本の童謡「シャボン玉」