赤ちゃんもごきげん!

一人遊びも楽しめる手作りベビージムを紹介します!

日曜大工が大好き、木工ドリルを持っている方に、おすすめの手作りおもちゃです。

木を使った、あたたかい雰囲気がいいですよね。

赤ちゃんの手作りおもちゃ♪木材で『手作りベビージム』

DIYがお好きな方は、ぜひ作ってみてくださいね♪

材料・使うもの

今回は、ジムの高さが約50cm、幅55cm、ドリルの穴は22㎜で開けています。

お持ちのドリルに合わせて、木材の幅や直径を決めてください。

1.平たい木の棒 長さ60cm 4本(穴を22㎜で開けるので、それ以上の幅のもの)
2.丸い木の棒 長さ62cm 1本(ドリルで開ける穴に合わせて、直径22~23㎜のもの)
3.ひも
4.木のビーズ 4個

5.ジムにかけるおもちゃ 数個

使うもの
木工用ドリル、えんぴつかペン

作り方

1.平たい木を交差させて立たせてみて、ジムの高さに合わせて、穴を開ける場所を決めます。

4本の木にの同じ場所に、木工ドリルで穴を開けます。

2.1で開けた穴に、丸い木の棒をさしこみます。

丸い木の飛び出た部分に、木工ドリルで細い穴を開けて、細い木を通すことで、さらに固定することができます。

3.ベビージムがどれだけの広さで開くかを決めて、下の部分に木工ドリルで小さい穴を開けて、ひもを通します。

木のビーズを外側につけて、ひもを結びます。

4.おもちゃをひもにとおして、下げたら完成です♪

ホームセンターに行って、木材を買ったら、手作りベビージムができちゃいます(*’ω’*)

お子さんからはぜひ目を離さぬよう、気を付けて遊んでくださいね♪

👶子育て豆知識👶

アーチになっているベビージムは、仰向けになっている赤ちゃんが、目で見て、手で触れて、音を聞いて遊べるものです。

まだ、動けない赤ちゃんでも、視覚・聴覚・触覚を使って、楽しむことができます。

赤ちゃんが生まれたら購入する、定番おもちゃとなっていますが、実際ベビージムってどれくらい遊べるものなのでしょうか。

また、メリット・デメリットについても紹介しますので、これから購入される方など、ぜひ参考にしてみてくださいね!

ベビージムで、いつからいつまで遊んでくれるの?

生後1か月位でも、じっと見るなどして楽しめる赤ちゃんもいますが、多くは、生後3~4か月位から、手を伸ばして触ってみたりと、積極的に遊び始めるようです。

生後7~8か月のお座りをするようになると、お座りをしたまま遊ぶことができます。

私の場合は、1歳を過ぎて歩きはじめて、ベビージムに上ろうとしてしまうことが増えたために、片付けることとなりました。

成長に合わせて、形を変えて長く使えるピアノジムはこちら!↓↓↓

365日あす楽★代引・送料無料★ あんよでキック!4WAYピアノジム BMH49 フィッシャープライス Fisher-Price おもちゃ・遊具 ベビージム【あす楽対応】【HLS_DU】【RCP】

ピアノは取り外して、持ち運べます♪

ベビージムのメリット、デメリットとは

メリット

成長に合わせて、様々な使い方ができるベビージムは、長く使えていいと好評のようです。

ねんねからたっちしても使える、さまざまな仕掛けがあるベビージムなど、比べてみるといいですね。

一般的に、ベビージムで遊び始める3か月位になると、手を伸ばそうとしたりし始めます。

さらに、おもちゃを触ろうと頑張ることで、寝返るの練習になることも。

一人遊びをしてくれたので助かった、おむつ替えの時に、遊んでじっとしててくれた、など喜ぶパパママが多くいます。

デメリット

ベビージムが重宝した、という意見がある中で、デメリットを感じたパパママも。

マットの上に交差させるタイプのベビージムは、足などがぶつかるたびに倒れてしまい、毎回直すのが面倒だった。

2人目の子が生まれてからベビージムを置いたが、上の子が遊んで動かしたり、よじ登ろうとして、危ないためにしまう羽目になった。

など、の意見もありました。

活発な赤ちゃんには、プラスチック製など倒れにくい物、また形を変えて長く使えるものなど、ご家庭に合わせて選ぶといいですね。