秋になると、木々が紅葉して綺麗ですよね。

紅葉した葉っぱが木から落ちて、地面一面に広がっているの見て、赤ちゃんや子供も喜んで遊んだりってありますよね。

そこで今回は、子供が大好きな紅葉した葉っぱを拾って、家で秋を感じながら遊べる方法を紹介します!

お話ができるお子さんには、「なぜ秋になると葉っぱが紅葉するのか?」などの豆知識を後に載せていますので、ぜひ話してあげてみてくださいね♪

とっても簡単に、日本の美しい四季を感じながら遊んじゃいましょう!

「葉っぱをぺたぺた木を作ろう!」材料・使うもの

1.半透明のアクリル板、または画用紙でもok!
2.紅葉した葉っぱ
3.ソフト粘着剤(セロハンテープでもok!)

【国産アクリル板(切売)】2mm厚 A4(210mm×297mm)【透明/白/乳半】【メール便対応可能】

価格:400円
(2018/8/23 18:09時点)
感想(8件)

コクヨ プリット ひっつき虫 タ-380N 人気商品 貼ってはがせる 何度でもつかえる ソフト粘着剤※商品は1点(本)の価格になります。

価格:418円
(2018/8/23 18:14時点)
感想(18件)

使うもの
油性ペン、セロハンテープ、両面テープ

「葉っぱをぺたぺた木を作ろう!」作り方

作り方はいたって簡単!

アクリル板や画用紙に木の幹を書いて、窓や壁にセロハンテープなどで貼り付けたら完成です♪

ソフト粘着剤やセロハンテープなどで、木に葉っぱを貼り付けていきましょう!

「葉っぱの形はどんな形?どんな色?」材料・使うもの

1.葉っぱ
2.画用紙

使うもの
絵の具、筆

「葉っぱの形はどんな形?どんな色?」遊び方

葉っぱを画用紙の上に置いて、赤・茶色・黄色などの絵の具で、葉っぱのふちを塗っていきましょう!

葉っぱをとったら、きれいなはっぱの模様ができます。

難しい絵の技術がなくても、美しい絵ができあがりますよ。

また、葉っぱをスタンプにしてみたり↓

葉っぱをコピー紙などの薄い紙の下に置いて、上から色鉛筆でこすってみても↓

秋以外の季節でも、緑の葉っぱを使っても遊べます。

お散歩だけでは、通りすぎてよく見ない葉っぱでも、持って帰ってきて遊べば、いろいろな発見があると思います。

葉っぱを見つけたら、図鑑を見て、なんの葉っぱなのか話してみるのも楽しいですよ!

五感で調べる木の葉っぱずかん

価格:4,104円
(2018/8/23 17:43時点)
感想(0件)

見て知って考えて遊びましょう!

👶子育て豆知識👶

秋になると、紅葉狩りなどで紅葉した木々を楽しむ習慣がありますが、ではなぜ葉っぱは紅葉するのでしょうか?

どの木の葉っぱが紅葉するの?

木には常緑樹(松や杉など)と、落葉樹(桜、モミジ、ブナ、銀杏など)があります。

秋から冬にかけて葉が落ちてなくなる木は、落葉樹といって、これらの中に紅葉する木があるのです。

すべての木が紅葉するわけではないのですね。

なぜ、冬が近づくと木の葉が落ちるの?

木から葉が落ちるのは、気が冬を迎える準備をしているといえます。

例えば、紅葉の代表格モミジは、気温が低くなると、葉を落とすために、葉に送られていた水分が送られなくなります。

葉にある葉緑素が、葉を緑色にしているのですが、水分が送られなることで、栄養が作られなくなり、葉緑素が壊れます。

そのことで、それまでは見えなかった、カロチノイドという黄色の成分が表面に出てくることで、葉が黄色くなるのです。

葉が赤くなるのはなぜ?

気温が下がり、水分が来なくなることで壊れた、葉緑素と葉に残っている糖分が反応してできるのが、赤色のアントシアン。

これが葉を赤くするのです。

紅葉は世界で見られるものなの?

紅葉するための3つの条件があります。

⓵日中の天気がよいこと
⓶昼と夜の寒暖の差があること
⓷適度な水分があること

さらに、地球の陸地にある3割ほどの森林の中でも、紅葉する落葉樹がまとまってあるのは、ヨーロッパの一部、北アメリカ大陸の東部、東アジアの沿岸部に限られています。

日本は、国土の約7割もに、種類豊富な落葉樹が育っていて、かつ寒暖の差があるため、美しい紅葉が見られるのです。

ここまで美しい紅葉が、広い地域で見られることは、珍しいことなのですね。